障害者自立支援サービスとは

平成18年10月に障害者自立支援法が改正されました。 障害者の福祉をみんなで負担する(利用者原則一割負担)ことや、 障害の種類にかかわらず障害者の自立の支援を目的に制定された制度です。
 
えくぼケアセンターでは、障害者自立支援法制定以前から障害者福祉に力を入れています。 ヘルパーがご自宅にお伺いし様々なお手伝いをさせていただく居宅介護、 障害者の外出をサポートする移動支援など、障害者がご自宅で生活できるようにサポートしていきます。
 

サービスを受けるまで

障害者自立支援法の給付を受けて介護サービスを受けたい場合、 まずは市区町村の窓口で利用申請を行ってください。 調査・審査の後に障害程度区分が決定し、給付が決定されます。
 
もしご不明な点がございましたら、 えくぼケアセンター相談窓口までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

サービス内容

居宅介護サービス

ご自宅に資格を持ったホームヘルパーがお伺いし、生活に関する様々なお手伝いをいたします。
 
例:食事介助、調理・片づけ、入浴介助・清拭、送迎介助・理髪出張、掃除・洗濯など

 

移動支援サービス

単独での外出が困難な障害者の方の外出を支援するサービスです。利用者1人に対して原則ヘルパーが一人つきます。
公園で遊んだり、買い物に出かけたり、ハイキングに行ったりすることもあります。
1人1人の様子を見て、個別に対応いたします。